テンプレートの利用方法

テンプレートを選ぶ

大きなカテゴリーで デザインテンプレート/CSSテンプレート枠(CSSレイアウト枠) があります。お探しのテンプレートのカテゴリーから選択して下さい。

2カラムタイプ/3カラムタイプなどのカテゴリー分け、また、CSSレイアウト枠は固定幅・リキッドレイアウト・最大幅指定タイプ等を用意しております。

各ページ内のサムネイル画像をクリックすると実際のテンプレートをご覧いただけます。

ダウンロード型式です

テンプレートはダウンロードしてご利用いただきます。

使用したいテンプレートのダウロードリンクを選択すれば、自動的にダウンロードが開始されます。ダウンロードファイルの保存先は各自で指定して下さい。

ダウンロードファイルはzip型式で圧縮しています。ご使用のPC環境によっては事前にzipファイルを解凍するための解凍用ソフトをご用意下さい。解凍用ソフトは無料で配布されています。

  • HTML4.01 Transitional バージョン
  • HTML4.01 Strict バージョン
  • XHTML1.0 Transitional バージョン
  • XHTML1.0 Strict バージョン より選択可能です。

今回、初めてホームページを作成される場合、HTML4.01 Transitional バージョンをお薦めします。

ダウンロードファイルの中身

レイアウト枠の場合 index.html / page.html / wm-base-layout.css が入っています。

デザインテンプレートの場合 index.html / page.html / base-layout.css / style.css / imageフォルダ が入っています。

データ保存用フォルダ

解凍するとフォルダが形成されます。1カラムレイアウト枠の固定幅の場合 fixed-width-1 という名前、デザインテンプレート d-1 の場合 d-1-1 という名前です。この fixed-width-1 及び d-1-1 部分を分かりやすい名前に変更して下さい。(website等。もちろんfixed-width-1のままでも構いません。)

以降ページを追加した場合などは、このフォルダに保存します。

(X)HTML編集用ソフトをご用意下さい

Windowsに代表されるメモ帳でも編集は可能ですが、実際に数ページに及ぶホームページをメモ帳で作成するには無理があります。(X)HTML編集用ソフトをお持ちでない場合、下記の無料ソフトをお薦めします。

ホームページビルダーをご利用の方へ。

運営者側ではホームページビルダーでの編集確認はとっておりません。ホームページビルダーもかなり進歩しているみたいですが、以前のバージョン(9)ではCSSレイアウトでの作成、DTD部分及びタグなど少しばかり不都合な点がありました。よろしければホームページビルダー編集での不都合点をお知らせ下さい。

下層ページ用ファイルについて

下層ページ用のファイルは [page.html] を必要分コピペして利用して下さい。ファイル名はご自身で分かりやすく変更して下さい。

EX sitemap.html, information.html など

画像の保存先について

画像の保存先は[image] フォルダをそのままご利用いただいても結構です。また、新たに保存用フォルダを作成していただいても結構です。

高品質で低価格!ホームページ制作・ネットショップ制作・Wordpressを利用したCMSサイト制作等、随時承っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。